ペニス増大サプリの薬局やドンキホーテでの販売について

MENU
更新日:2017年9月22日

精力剤等は目にするのにペニス増大サプリはありません

 

ペニス増大サプリを路面店に置かない理由

ペニス増大サプリは薬局(ドラックストアー)、ドンキホーテと言ったディスカウントショップと言った店舗で見かけた事があまりないかと思います。

 

精力剤で言えば「マムシドリンク」や「すっぽんドリンク」、精力剤ではないですがレッドブル等の「エナジードリンク」は体を元気にする為の商品として数々の薬局やドンキホーテで売られています。

 

それに比べてペニス増大サプリの場合、店舗で売られている商品と言うとすぐにパッと出て来る商品がありません・・・

 

これは路面店で売られていないが為に認知度が低いのかなと思います・・・

 

効果面で「効き過ぎる」か「あまりにも効果が無い」ペニス増大サプリしか置けない

 

ペニス増大サプリを路面店に置かない理由

 

ペニス増大サプリが何故薬局やドンキホーテに置かれていないかと言うと、一つの理由は効果面が両極端であるからです。

 

薬局やドンキホーテ等で購入する事が出来る医薬品やサプリメントの場合、効果をあまりにも上げ過ぎた物を置く事が出来ません。

 

理由は、万人の方が購入出来る場所に効果効能が高い物を購入出来る環境にする事で、誰でも飲む事が出来る環境になります。

 

ただ、あまりにも効果が高いペニス増大サプリを薬局やドンキホーテで販売してしまうと、購入した方の中に刺激が強過ぎて副作用が出て来てしまう方もいます。

 

その為、あまり効果の高い成分を入れたサプリメントを薬局やドンキホーテ等のドラックストアーで置く事が許されないのです。

 

それならば、効果面を抑えた成分を集めたペニス増大サプリを薬局やドンキホーテに置く事で、効果が全く無い事を実感してしまうと商品の信頼性がガタ落ちになってしまう可能性もあります。

 

ただでさえ怪しく見られてしまうペニス増大サプリが効かないと思われてしまうのはマイナスイメージになります。

 

その為、効果を下げて薬局やドンキホーテなどのドラックストアーやディスカウントストアに置くよりも、増大効果の高い成分をしっかりと集めて製造したペニス増大サプリをネットで売って行くのが最も販売会社として効率的であるのかなと思います。

 

ただし、注意点としてどこで販売していても必ず効果のある薬やサプリメントは世の中には無い事を認識してください。

 

モラルの問題もある為店舗には置き辛い?

 

ペニス増大サプリを路面店に置かない理由

 

ペニス増大サプリを紹介しておいて少々言い辛いですが、薬局やドンキホーテにペニス増大サプリを置くのはモラル的にも有りか無しかを言うと無しだと思います・・・

 

例えば薬局でペニス増大サプリを購入したり、ドンキホーテで「ペニス増大サプリありますか?」と発言する勇気は私個人的にはありません・・・(苦笑)

 

その様な理由でペニス増大サプリの販売会社としてはインターネット上で販売する事に特化しているのも一つの理由だと思います。

 

ペニス増大サプリに医薬品が無い為置く事が出来ない?

 

ペニス増大サプリ販売店

 

ペニス増大サプリの類似商品としてあげるとしたら、精力剤になりますが、精力剤は薬局やディスカウントストアに置いている事があります。

 

それならばペニス増大サプリだって「モラルの問題抜きに置きたいと考えているメーカーがあってもおかしくないのでは?」とも考えられます。

 

精力剤にはバイアグラ等の医薬品があります。(細かく言うとED治療薬になりますが、総称すると精力剤のカテゴリーになります。)

 

一方ペニス増大サプリには医薬品と呼ばれる物はありません。

 

ここでポイントになるのが、医薬品になる物が無いサプリメントの場合、薬局を始め、ディスカウントストアやコンビニエンスストアに置かれる事がほとんどありません。

 

これは、薬事法のルールとして医薬品となっていないサプリメントは、販売経路として薬局やディスカウントストアに置く事が出来ないのかと思われます。