ペニス増大サプリに含まれている重要な成分について

MENU
更新日:2017年11月22日

(L-)シトルリン・(L-)アルギニンのアミノ酸は必須成分

 

ペニス増大サプリの必須成分

ペニス増大サプリの成分にはペニスだけに集中して増大する為の成分は入っていません。

 

どの様な種類のサプリメントに関しても、体の特定部分に集中して成分を送り込むサプリメントはありません。

 

体内の循環に沿ってサプリメントの成分が流れて行くのが体内の仕組みです。ペニス増大サプリは体内の中でもペニスへ循環する際に増大効果を上げる為に必要な成分が行き届く事が非常に重要となります。

 

その中でペニスへ循環しなければならない必須成分は「(L-)アルギニン」と「(L-)シトルリン」と言うアミノ酸成分です。

 

(L-)シトルリン・(L-)アルギニンは共にペニスを増大する以外の役割も多数ありますが、この2つの成分が配合されていればペニスの増大効果を大きく促進してくれます。

 

(L-)シトルリンは「血流促進」(L-)アルギニンは「成長ホルモンの分泌促進」する役割がある

 

アルギニン役割シトルリン役割

 

(L-)アルギニンの役割とは?

ペニスの成長を促す為の成長ホルモンの分泌効果の促進血液を綺麗にしてくれくれる役割がある

(L-)シトルリンの役割とは?

ペニスの血流を促進する為血管をキレイにする働きがありペニスを増大させる為の血流促進を活性化する働きがあります

 

(L-)アルギニンと(L-)シトルリンの関係

体内に入った(L-)シトルリンが(L-)アルギニンに変化されていきます。

 

ペニス増大サプリを摂取すると、(L-)シトルリンの効果によって「ペニスの血管が広がり」「ペニスへの血流量が通常の状態よりも増えていきます」。

 

そこで、(L-)シトルリンの役割は終えて(L-)アルギニンに変化します。

 

(L-)アルギニンは血液をキレイにして、ペニス内で循環している血液が「更にスムーズに流れやすくさせる役割」があります。

 

この時ペニスは健康的な状態になり勃起をする事で、ペニスがいつもより大きく活性化します。

 

ちなみにペニスが活性化されていても単純に勃起すると言ったわけではありません。「精力増強効果の高い成分」が必要になります。

 

ペニスが活性化している時に勃起して刺激を与える事で、刺激に耐えなければならない為ペニスがより丈夫にならなければと体内で認識されます。この丈夫にならなければとペニスが認識する事で増大されるのです。

 

さらに(L-)アルギニンは「成長ホルモンの分泌を促進する役割」があります。

 

成長ホルモンの分泌によるペニスを促進させる役割とは?

「性欲を上げなければならない」「ペニスを大きくさせなければならない」「精子を更に作りあげなければならない」「体を動かす活力を上げなければならない」と言った認識をしてくれる効果を体内に与えてくれます。

 

(L-)アルギニンと(L-)シトルリンはペニス内をキレイにさせる役割やペニスを増大させなければならないと言った役割を上げてくれます。

 

更に「精力増強効果の高い成分」や「血液の老化を防ぐ成分」等が体内で躍動する事でペニスを増大させる為の土台を作り上げてくれるのです。

 

(L-)アルギニンだけの摂取ではダメ

 

アルギニン効果下がる

 

(L-)シトルリンが(L-)アルギニンに変化するならば、「(L-)アルギニンだけを多く摂取すれば良いのでは?」と思う方もいらっしゃるかと思いますが、(L-)アルギニンのみを摂取する事で欠点があります。

 

(L-)アルギニンのみを摂取する事での欠点

(L-)アルギニンだけを摂取すると、胃痛や腹痛を起こす場合がある。

(L-)アルギニンだけの摂取では(L-)アルギニンの吸収される量が少なくなってしまう。

 

胃痛や腹痛に関しては過剰摂取を行わなければ良いですが、吸収する量が少なくなってしまうと言う欠点は非常に重大な欠点です。

 

(L-)アルギニンをサプリメントで摂取すると、6割のアルギニンの成分がおしっことして出ていってしまいます。

 

いわゆる10割飲んだものが4割しか効果が無いのです。そこで出て行ってしまう(L-)アルギニンの役割を補う成分が、(L-)シトルリンなのです。

 

(L-)シトルリンこそ濃厚な(L-)アルギニンに変化する

(L-)シトルリンから変化した(L-)アルギニンの方が(L-)アルギニンとしての濃度が高く体内に残るのです。

 

それならば「(L-)シトルリンのみの摂取で良いのでは?」と考えが変わる方もいらっしゃるかと思います。

 

(L-)アルギニンは体内に入ればすぐに(L-)アルギニンとしての役割が出てきますが、(L-)シトルリンが(L-)アルギニンに変化するのは体内に入って約30分掛かるのです。

 

この30分の間に(L-)アルギニンと(L-)シトルリンが共に行わなければいけない作業が出来ないとペニス増大効果に支障が出てしまいます。

 

以上の事から(L-)アルギニンと(L-)シトルリン成分が入ったペニス増大サプリは互いのメリットを相乗させる効果があるのです。

 

(L-)アルギニンの役割をサポートしてくれるオルニチン

 

アルギニン支えるオルニチン

 

アミノ酸成分オルニチンは必須な成分ではないですが、ペニス増大サプリとして重要な成分です。

 

オルニチンの役割とは?

筋肉の成長を促進する役割があり、ペニスに刺激を与える際の役割を上げる為の役割があります。

メジャーリーガーのダルビッシュ選手も筋トレを行う際にオルニチンを摂取しているらしいです。(アルギニンも一緒に摂取しています。)
※参考文献

 

ペニスへを刺激する際の効果を考えると(L-)アルギニンが考えられますが、(L-)アルギニン、オルニチンは同じ役割をになうものではありません。体の構造内では「オルニチン、(L-)アルギニン、(L-)シトルリン」は尿素回路内で深く関係しており、この3つの成分は尿素回路内で循環しています。

 

尿素回路での重要成分の循環活動とは?

オルニチンは(L-)シトルリンになり、(L-)シトルリンは(L-)アルギニンとなり、(L-)アルギニンはオルニチンになるループを繰り返しています。

 

尿素回路内で(L-)アルギニンとオルニチンを同時摂取する事で、(L-)アルギニンがオルニチンとなる時に(L-)アルギニンの成長ホルモンの成長効果がオルニチンに変化した際にペニスの刺激する効果を更に促進する役割を担ってくれるのです。

 

オルニチンの摂取はお腹の弱い方をサポート

(L-)アルギニンを多く含まれているペニス増大サプリを飲むと腸が弱い方の場合、便が緩くなる方がたまにいます。その中でオルニチンはお腹の弱い方が(L-)アルギニンを摂取する時のサポートをしてくれます。

 

ペニス増大サプリとして必須な成分ではないオルニチンですが、(L-)アルギニンの効果をサポートしてくれる働きとして必須に近い成分である為、是非ペニス増大サプリを選ぶ際にはオルニチンが配合されている事も確認しましょう。

 

精力増強効果やアンチエイジング効果の高い成分もペニス増大には必要

 

植物系成分

ペニス増大サプリは必須成分をサポートする為の成分が商品ごとに含まれております。

 

ここで重要な成分とは、ペニスに刺激を与える際にペニスが勃起した状況であれば増大効果は大きくに上がります

 

また、必須成分や準必須成分によりペニスの血管や血液が活性化されていても、更に血管や血液を若々しい状態にしてくれる成分が含まれていれば、必須成分と準必須成分の役割を更に大きく上げてくれます。

 

この様にペニス増大効果に必要な成分とはどんなものなのかと言いますと牡蠣に多く含まれている成分である「亜鉛」は精子を増やす役割や勃起を促進してくれる機能があります。

 

また、興奮性を高める為の成分「ガラナ」滋養強壮効果の高い「マムシ」等と言ったペニス増大サプリによって様々な精力増強効果の高い成分が含まれています。

 

血液や血管のアンチエイジング効果には明日葉や酵素、ビタミンが含まれている成分が必要になってきます。

 

これらの成分を大きく分けると「動物系」「植物系」に分けられます。

 

動物系成分 すっぽん、マムシ、牡蠣、サソリetc・・・
植物系成分 マカ、ガラナ、冬虫夏草、明日葉etc・・・

 

動物系成分と植物系成分を分けている理由

動物系のみに成分が偏るペニス増大サプリは精力を上げ過ぎて体に副作用がでてしまう可能性がある為に植物系成分を一緒に含ませる事が重要になります。

 

逆に植物系のみに成分が偏るペニス増大サプリは精力面で弱まる事がある為動物系成分を一緒に含ませる事が重要になります。

 

ペニス増大サプリの成分数は多い方が良いのか?少ない方が良いのか?

 

ペニス増大サプリは商品により成分が多い物と少ない物があります。

 

どちらが良いのか迷いますが、結論で言うと商品によります。

 

製造メーカーがペニス増大の為に独自の成分調合を研究しながらペニスの増大へ繋がるペニス増大サプリを作っているのです。

 

成分比について細かく表記しないのは、競合他社に成分調整比を真似されない様にしているのかと思います。

 

成分が多いと増大効果が高いと言った考えや、少なければ一つ辺りの成分濃度が高い為効果が高いと言った考えではありません。

 

成分配合の内容を考えて、増大効果へ繋がるのかが重要です。

 

当サイトでは各ペニス増大サプリ事に成分内容から導ける増大効果について分りやすくご説明していますのでご参照ください。

 

成分について分りやすく解説した効果のあるペニス増大サプリをご紹介

 

オンリーワンの成分特徴があるペニス増大サプリはおすすめ

 

ペニス増大サプリ 成分

 

これまでペニス増大サプリの成分について様々説明してきた中で、自分達の商品には「こんな成分が入っているから増大効果があるのだ!!」と言った強みがあるかと思います。

 

ヴィトックスαであれば「(L-)シトルリン」と「レスベラトロール」を各成分の中で重視しています。

 

バイタルアンサーギムリスであれば、重要な成分について「摂取量を細かく」表記しています。

 

バリテインであれば「生カプセル」を取り入れている点と「酵素」を配合している点をペニス増大効果に活かしています。

 

「日本産」「成分を沢山入れている」「必須成分と精力増強効果がある成分を集めている」は効果の見られるペニス増大サプリでは当たり前な事です。

 

そこから更に「自分達の商品だからこそ」のオンリーワンの成分特徴がある事が重要なのです!!

 

ただし、注意したいのが、オンリーワンの成分についてはしっかりと増大効果に繋がる根拠が無ければ全く意味の無い事です。

 

当サイトでしっかりとその商品に入っているオンリーワンの成分が何故増大するのか根拠を解説して行きますので、是非ご参考頂ければと思います。

 

オンリーワンな成分特徴のあるペニス増大サプリもご紹介