トンカットアリとペニス増大効果について

MENU

トンカットアリは

 

ペニス増大サプリを見ると、トンカットアリ配合の商品をちらほら見る事があります。

 

トンカットアリとはどんな成分なのかまずは調べてみました。

 

トンカットアリとは?

東南アジアで栽培されたハーブであり、原産地は主にマレーシアの様です。

 

トンカットアリには(L-)アルギニンや亜鉛が含まれており、現地では、精力増強の為に使われている事が多い様です。

 

また、精力増強効果以外にも「リラックス効果」や「代謝を活性化させる効果」がある様です。

 

トンカットアリはマカやクラチャイダムと比較されやすい成分

 

トンカットアリは「マカやクラチャイダム」と比べられる事が多く、ペニス増大効果としてこれらの2つの成分とほとんど同様の効果を担います。

 

3つの成分共に(L-)アルギニンと亜鉛が含まれており、「血流をキレイにする」「男性ホルモンをの活性化」を効果の特徴としている点が共通点となります。

 

その中でも(L-)アルギニンの含有量は「クラチャイダム>マカ>トンカットアリ」と言われております。

 

それならばクラチャイダムを中心に摂取するのが一番良いのかと言うとそんな事はりません。

 

含有量が多ければ多い程増大効果が高いと言うのは、必ずしも正しい訳ではありません。

 

もちろん多く取った方が増大効果として優れている可能性が高い事も大いにありますが、ペニス増大サプリを成分内容で話す上で大切な事は、「質の高い成分を摂取する事」と「成分調合」になります。

 

こればかりは正直な話し、メーカー側や製造会社でないと分かりません

 

メーカー側がホームページで「〇〇な理由でこんな成分を入れている」「成分量を公表している」と言った解説に説得性があるかどうかを見る以外で商品を選ぶのは難しいです。

 

そんな中で、トンカットアリが含まれているペニス増大サプリの中でも、なぜ「トンカットアリを重要視しているのか、トンカットアリがこれだけの含有量です」と示しているペニス増大サプリは、ペニトリンMax(マックス)が最も当てはまります。

 

また、トンカットアリとマカやクラチャイダムを一緒に取る事で相乗効果に繋がる事もあります。

 

ただし、なぜ相乗効果があるのかを説得力のある解説をしているペニス増大サプリを選ぶ事が重要です。

 

尚、今現在ではトンカットアリとマカやクラチャイダムを一緒に摂取する事をホームページ内で進めているペニス増大サプリはありません。

 

トンカットアリの副作用

 

トンカットアリの副作用

 

トンカットアリは天然成分であり、ペニス増大効果以外にも健康体に必要な有効成分を取る事が出来る為、決められた容量や用法で飲んでいれば副作用が起きる事はありません。

 

ただ、過剰摂取してしまうと「胃痛」「吐き気」「下痢」「頭痛」を起こしてしまう方もいる様なので、過剰摂取しない様注意が必要です。

 

また、トンカットアリを多く含む食事はありませんので、食事面のバランスを気にせず決められた容量で飲んでもらっても副作用の心配はありませんのでご安心ください。

 

トンカットアリ配合のおすすめペニス増大サプリ

 

定番のペニス増大サプリ編

 

ペニブースト

 

ペニブースト

 

★トンカットアリ1日300mgも配合したペニス増大サプリ★

 

ペニトリンMaxは、トンカットアリを主成分の1つとしているペニス増大サプリです。

 

ペニブーストはペニス増大に必須な成分となる(L-)アルギニンや(L-)シトルリンの効果を上げる役割がある中で、必須成分を主成分としているペニブーストは、成分配合内容として大いに理に叶った商品となります。

 

ペニブーストの口コミ及び評判ペニブースト公式サイト

 

最新のペニス増大サプリ編

 

ギムロットα

 

ギムリス

 

★数少ないトンカット配合の最新ペニス増大サプリ★

 

ギムロットαは、トンカットアリを天然成分で入れたペニス増大サプリです。

 

ペニトリンMax同様、製造会社を公表しているペニス増大サプリですので、成分の質は信頼出来ます!!

 

リニューアル前のギムリスから引き継いだ成分クオリティは落とさず、トンカットアリが配合された最新のペニス増大サプリとして、要注目です。

 

ギムロットαの口コミ及び評判ギムロットα